女子のための就活ブログ♡就活SWOT-GIRL-

女性編集長と就活女子が、社会人目線★就活生目線で、就活生が気になるあんなことやこんなことを発信していきます♪

マイナスな空気をプラスに!圧迫面接で何を言っても否定的に返された時にしたい対処法

こんにちは、ひらぽんです。

みなさん就活頑張っていらっしゃいますか?
この時期は面接ラッシュだと思いますが、その中で圧迫面接に遭遇し「なんでこんなことするの!?」「もーほんとやな感じ!」なんて、激おこぷんぷん丸になっている方もいるのではないでしょうか。

 

f:id:shukatsu_swot:20140421111125j:plain


今回は、 そんな圧迫面接に遭遇した時にどう対処するか?というアドバイスを頂きましたので、ご紹介します!

f:id:shukatsu_swot:20140415141835p:plain

単に就活生を追いつめる為にやっているわけではない

 

圧迫面接をする面接官というのは、本気で学生を追いつめたい訳ではありません。そういったストレスを与えられる状況になった時に、臨機応変に対応することができるか、動揺せずに耐えることができるかなどを見るために行うものです。こういった面接をする企業は、多くはありませんが、いつ自分がそういう面接をされても良いように、事前に対策はしておくべきです。

 

指摘されたことを素直に認め、改善する意志を示した


私が経験した圧迫面接では、何を言っても否定的に返してくるという面接でした。私は、むしろそれを逆手に取るくらいの姿勢で挑みました。

実際の面接では、話にまとまりがなく何が言いたいのか分からないと言われてしまいました。だから、そこは素直に認め、謝罪しました。そして、言い訳は絶対にしないようにしました。そこで、たとえば緊張をしているから、などと言い訳をしてしまっては、緊張していると何をしても許されるのかということになってしまいます。

だから、謝った上で、どのように説明すれば分かりやすいか、分かりづらかった部分というのは、具体的にどういうところなのかを聞き返しました。こういった対応を即座にできれば、面接官も一目置いてくれます。

圧迫面接でも落ち着いて、一つ一つ丁寧に返そう


威圧的に指摘されたことを、冷静に受け止め、更にそれを前向きに改善する姿勢を見せることが重要なのです。本当は、心の中では、泣きたくなってしまいましたが、そんな人を会社が採用したいとは思いません。だから、精神的な強さを試すためのテストをしているようなものなのです。

面接を進める中で、圧迫面接だと感じても、動揺せずにひとつひとつ丁寧に受け答えしていけば、面接官にもその熱意は必ず伝わります。そして、回答する際には、自分のアピールポイントや志望動機を織り交ぜていけば、どんな状況でも伝えたいことは伝えることができます。


編集部よりコメント( ❝̆ ·̫̮ ❝̆ )✧

端的に言うとストレス耐性を見ている、ということですが、企業側が面接で何故そのようなストレス耐性を見なければならないかというと、「ストレス耐性のない人はすぐ辞める」と思っているからです。


企業はなるべく長く会社に貢献できる人を取りたいのです。社会に出たら想像以上のストレスがみなさんを襲います(わたしも日々多かれ少なかれストレスを感じて仕事していますよ)。それに耐える忍耐力が必要です。
そのことを面接官も分かっているから、始めのうちに見ておこう、ということでしょう。


社会に出る一歩目だと思って、圧迫面接も上手に乗り切ることができるようにしましょう。その場でおこにならずに、冷静に対処することがデキる社会人女性への近道です★

 

( ´ω`+) おすすめ記事 (+´ω`)

pick up! <面接対策>面接で必ず伝えるべき3つのエッセンス

pick up! 面接に対する心構えと面接での評価ポイント【内定塾コラム】

知っていることを全て話してはダメ?就活の面接でうまく話す為のポイント

就活で「学生時代頑張ったこと」を書く際に気を付けるべきこととは

面接のいろはを知ろう!面接対策に関する記事まとめ★<準備編>

 

広告を非表示にする