女子のための就活ブログ♡就活SWOT-GIRL-

女性編集長と就活女子が、社会人目線★就活生目線で、就活生が気になるあんなことやこんなことを発信していきます♪

【職種研究】真面目過ぎる人は不向き?小学校教諭の仕事とは

こんにちは!ひらぽんです。

 

今回は職種研究の一つとして、小学校教諭の仕事についてご紹介します!

 

f:id:shukatsu_swot:20140421165531j:plain

 

小学校の教諭の仕事内容とは 

 

小学校教諭で主に担任業務についていました。毎日自分のクラスの児童に授業をするのが主な仕事です。1日6時間の授業を教えるためには、毎日教材研究が欠かせません。一年を通して、学校の中の大きな研究テーマがあり、それに沿って研究授業を行ったり、教育委員会の指導のもと研究会が行われたりします。そのため、子どもにわかりやすい授業をするためのスキルアップは常に考えています。

大きい学年の担任になると、生徒指導が難しくなり、保護者との連携を密に取りながら子供の成長を見守っていきます。また、行事を通して学校全体を動かすことが多くなるため、自分の中でイメージをきちんと持っておかなければ、学校全体が崩れてしまいます。

 

教師間のコミュニケーションも重要

 

教員間のコミュニケーションも重要になってきます。大規模校になればなるほど、問題は増え、教員数が多いため共通意識を持つのが難しくなります。結果、職員会議が増えて、教材研究や児童理解に使うべき時間が減っているという状況が生み出されていました。逆に小規模校であれば、校務分掌の割り当てが多くなり、職員会議の資料を作成したり、教育委員会に提出しなければならない書類作成や出張があったりと、直接子どもと関わらない雑務が増えてきます。

 

子どもとのかかわりが何よりのやりがい

 

小学校の先生というと、明るくてはつらつとして、子どもとドッジボールをして楽しんでいるイメージですが、毎日の雑務や仕事に追われ、正直休み時間は私も休みたい!と思う日も多くありました。ですが、毎日の子どもたちとの関わりは、かけがえのない時間で、ひとつの行事をみんなで作り上げていく感動や日々の何気ない行動一つにまで子どもたちの成長を感じることができる素晴らしい仕事だと思います。

 

真面目だが、気を抜くことも出来る人が向いている

 

しかし現在、教員の病気休暇の数は年々増加しています。また、不登校児童数の増加や学力テストの導入など、教育現場は混沌としています。私は、これからの教員は真面目すぎてはいけないのではないかと考えています。この状況で真面目で一生懸命すぎる人が教員をすると、すぐに心身に不調を訴えることになりかねません。少しくらいゆるいところがあるくらいの人の方が、うまくやっていけるのではないかと思います。ですが、近年教員の不祥事も増加しているので安易にそうも言えないのですが、そういうバランスをうまく取れる人の方が向いていると思います。

 

職種研究関連記事( ❝̆ ·̫̮ ❝̆ )✧

【職種研究】経理とはどんな仕事なのか?そしてそのやりがいとは?

消費材メーカーのマーケティング職はどんな仕事なのか

アパレルの営業事務とはどのような仕事なのか?

旅行業界の旅行企画職はどんな仕事なのか

【職種研究】介護福祉士の仕事とは?どんな人材が活躍できるのか

 

( ´ω`+) おすすめ記事 (+´ω`)

先輩はこうして通過した!就活の自己PRに関する内定者体験談まとめ★

絶対突破したい最初の関門!就活のエントリーシート(ES)対策に関する記事まとめ★

どこをどう整えればいいかが分かる!就活女子のための身だしなみに関する記事まとめ★

10年後どうなっていたい?就活生が将来のキャリアを考えるのに役立つ記事まとめ★

慣れないテストをどう切り抜ける!?就活でのWEBテスト・適性検査対策に関する記事まとめ★

広告を非表示にする