女子のための就活ブログ♡就活SWOT-GIRL-

女性編集長と就活女子が、社会人目線★就活生目線で、就活生が気になるあんなことやこんなことを発信していきます♪

広告業界のクリエイティブ職へ内定!芸術系の大学ではない学生がどのようにアピールし内定を獲得したのか?

こんにちは、ひらぽんです。

今回はアルバイト経験を就活でどうPRしたかということについて、広告業界のクリエイティブ職に就いた方からお話をお聞きしました。

広告業界のクリエイティブ職へ就職したいと考えている方は是非参考にして下さい!

f:id:shukatsu_swot:20140704171308j:plain

様々なアルバイトを経験し、スキルが身についた

私が学生時代にしたアルバイトはたくさんあり、シンプルなものでコールセンターや中華料理のデリバリー、一風変わったものでは、駐車場の写真撮影など、幅広くアルバイトをしてきました。

実際に身についたスキルは、あまり高度なものではないにしてもphotoshopの実務経験や、コールセンターでの電話対応力少ない言葉・わかりにくい相手の言葉から、どんなことを言いたいのか、どうしてほしいのかを読み取る力、理不尽な文句に対する忍耐力などが身につきました。

実務経験で得たphotoshopのスキルは広告業の選考で役に立った

実際にphotoshopの実務経験は、広告業への就職だったので、役に立ちました。そこの部分の経験をアピールすることでクリエイティブ系の学校を出ている方々とも十分渡り合えたと思っています。

実際のスキルを正直あまり自信はありませんが、どういった使い方をしていてどのように使用してきたのか説明しやすく、相手方にも伝わり易かったと思うので、そこは非常にそのアルバイトをしていてよかったかなと思います。

コールセンターの経験はコミュニケーション能力のPRに繫がった

また、コールセンターでのスキルが意外とアピールにつながり、コミュニケーション能力が大切な業界なので、そういったコミュニケーション能力を具体的な実例とともにアピールすることができたので、面接官の方々の反応も、この説明時には、確かに良いものだったと思います。

理不尽な客との対応の説明でも、あぁそういう人いるよね。と共感を得られていたように思います。

結果無事にクリエイティブ職への内定が決まりました。

人と違った経験のできるアルバイトを選ぶとインパクトを残せる

色々したアルバイトの中でも、飲食や接客など、わりとありきたりなアルバイトではなく、少し意外なアルバイトを選び説明することでインパクトを残せたと思っています。

実際にその方が自然と人と違った説明にもなるので、就職活動を見据えてアルバイトを選ぶのであれば、少し意外で、人と違った経験のできるアルバイトを選ぶのが良いと思います。

 

(広告業界 クリエイティブ職内定 ペンネーム「世界のたまちゃん」さんより)

 

編集部よりコメント( ❝̆ ·̫̮ ❝̆ )✧

クリエイティブ職の選考でphotoshopのスキルを持っていたことは大きかったみたいですね。
クリエイティブ職への就職を目指す方は、そのようなスキルを学べるアルバイト、もしくは長期インターンシップなどをすると良いでしょう。

また、人との違いや個性をアピールするのも就活では大事ですから、アルバイトを選ぶ段階で人があまりやっていないものを選ぶのは効果的だと思います。

人と違ったアルバイトで、かつ何らかのスキルを身につけられれば面接で自分の事をしっかりアピール出来るでしょう。

 

広告を非表示にする