女子のための就活ブログ♡就活SWOT-GIRL-

女性編集長と就活女子が、社会人目線★就活生目線で、就活生が気になるあんなことやこんなことを発信していきます♪

他人を気にしすぎてはいけない?就活の集団面接で自分をしっかり出す為に気を付けるべきこととは

こんにちは、今回は集団面接で気を付けるべき点について、就活を経験した現在社会人の方にお話をお伺いしたので、ご紹介します!

集団面接

私は昨年就職活動を行い、現在は社会人として働いています。
私自身緊張しやすい面接で、集団面接は個人面接よりも恐怖心を抱いていました。中でも不安だったのが、面接官と受験者で行う質疑応答です。

他の受験者の事はそんなに気にしなくて良い

個人面接ではありえませんが、集団面接では自分の言おうとしていたことを他の受験者が先に言ってしまうということや、自分の発言よりも他の受験者の発言の方が良い感じに聞こえるといったことが起こります。

他の受験者がいるからこそ、緊張してしまって自分の意見を上手く発言することができなかったという経験が私自身にもありました。

はっきりいって他の受験者と自分をその場で比べてしまって良いことはありません。余計焦りを生み出してしまうばかりで自分のペースを崩しかねません。発言が被るということも非常によくあることなので、実を言うとあまり気にしない方が得だと思います。

「同じ意見です」で終わらせない

自分と他人の発言内容が一緒だとしても落ち込まずに、自分の言葉でその意見をしっかり面接官に伝えるということが大事です。絶対にやってはいけないのが「同じ意見です」という言葉で終わらせてしまうことです。

例え同じ意見だとしても、その意見にある背景は個人で違っているはずですし、伝え方だって十人十色なはずです。「同じ意見です」という一言で終わらせずに、自分はこう思っているということをしっかり相手に伝えていくということ自体が大切であり、重要な自己PRになるのだと思います。

自分の意見は堂々と言おう

それから、他の人の意見が自分の意見よりも良く聞こえてしまっても、自分の意見を堂々と胸を張って面接官に伝えて下さい。
自分が駄目だと決めて委縮してしまうのはとてももったいないです。


どの意見が素晴らしいか決める場ではなく、意見を伝えながら自己PRする場なので他人の意見は気にしなくても大丈夫です。

ただし、面接官によっては他の人の意見に関する質問を振ってくる人もいるので、他の人の意見は気にしない程度に聞いておくという姿勢でいることが必要だと思います。


(現在公務員事務職 東洋大学社会学部卒 千草さん

 

編集部よりコメント( ❝̆ ·̫̮ ❝̆ )✧

あまり他人を気にしすぎない事が重要なんですね。

聞かれたら答えられる程度に他の人の話を聞きつつ、後は自分を十分アピールできるように頑張りましょう!

 

広告を非表示にする