女子のための就活ブログ♡就活SWOT-GIRL-

女性編集長と就活女子が、社会人目線★就活生目線で、就活生が気になるあんなことやこんなことを発信していきます♪

【職種研究】広告代理店の企画職(プランナー)の仕事内容、やりがいとは?女性がこの仕事で働くことについても言及!【広告業界】

こんにちは、ひらぽんです。
今回は、広告代理店でプランナーとして働く方に、その仕事内容・やりがい・女性がこの職業で働くことについてお話を伺いました!
広告業界を視野に入れている方は、是非参考にして下さい!

広告代理店職種研究

仕事内容は

私は新卒で広告代理店に入り、プランナーとして働いています。

広告代理店の仕事は、すごくアバウトにいうと何でも屋です。企業が自分でできないことについて、代わりにうまい方法(戦略、戦術)を見つけて、それができる道筋をつけ、そして実行しているときにはそれがうまくいっているかを見極めてうまくいかなければ改善し、その結果をその企業にフィードバックして、次の作戦を提案する、という仕事です。

それがメーカーなら、たとえば新製品の企画から発売、広告、リニューアルという一環の仕事すべてになりますし、たとえば人材紹介会社なら、求人を集める広告から、働きたい人に対する教育の体制の整備から、就職した後のフォロー体制まで、といった感じです。

もちろんすべてが自社ではできないので、それができる会社を探してきて、それらを結び付け、調整、一つの方向に向かって進むようにコントロールしていく、ということを行います。何でも屋、とは、そういう意味(あらゆる業界、業種とかかわり、あらゆる幅の仕事を行う)でもあります。プランナーは営業と一緒に組んで、その仕事を自ら考え、提案し、実行していく仕事です。

この仕事のやりがいは?

やりがいは本当にあります。

まず、1つの会社だと1つの仕事しかできませんが、いろいろな業界、業種の仕事ができるので、本当に発見も刺激もあり、毎日が新鮮な気持ちで仕事に取り組めます。

また、結果が見える仕事なので(売上が上がる、人材募集が増えるなど)、シビアである反面、自分の仕事の成果が実感できてそれも非常にやりがいがあります。

女性がこの仕事をすることについて

女性がこの仕事をすることについてですが、私は、自分がしているからではありませんが、むしろ男性よりも向いていると思います。

女性のほうが感性豊かで、いろいろなアイデアが浮かびますし、男性よりも「生活者観点」を持ちやすいので、プランナーの仕事にそれらはとても生かせると思います。

ぜひ、我と思わん人は挑戦してください。


(大手広告代理店 企画職(プランナー)関西大学商学部卒 ゆみこさん)

 

 

広告を非表示にする