女子のための就活ブログ♡就活SWOT-GIRL-

女性編集長と就活女子が、社会人目線★就活生目線で、就活生が気になるあんなことやこんなことを発信していきます♪

留学経験なしでも内定とれた!英語サークルでの経験をアピールして英会話教室の講師へ

こんにちは、ひらぽんです。

今回は、英語サークルでの経験をどのように就活でPRしたか、ということについて現在こども英会話教室の講師として働いている方にお話をお伺いしましたのでご紹介します。

英語サークル経験を自己PR

大好きな英語にずっと関わった大学生活

わたしは中学生の頃からずっと英語が好きで、大学でも外国語学部に入り、英語を専攻していました。大学の勉強だけでは物足りなく感じ、大学でサークルに英会話のサークルに入りました。

そのサークルは毎日お昼休みに英語を話す練習がありました。また、春休みや夏休みには英語だけを話す1週間ぐらいのキャンプがありました。そのおかげで、毎日英会話に触れる機会がありました。

そして、そのサークルでは前期には暗唱大会といって、英語のスピーチを覚えてみんなの前で発表する大会と、もう一つ討論大会といって、ディベートで争う大会がありました。それもすべて英語で行っていたので、とても難しいアカデミックな内容を英語で話していたのです。

後期には、スピーチ、ドラマ、ディベート、ディスカッションなどのセクションに分かれて練習し、春や秋のシーズンになると、全国規模での大会に出席していました。友達もたくさんでき、とてもよい機会となりました。 

留学経験がなくても、実力があれば内定はとれる!

このようなサークルの経験がわたしにとっては宝となっていました。それで、就職する時には、わたしが大学時代にやっていたサークル活動についてもかなりアピールしました。

わたしは、こども英会話講師としての仕事を得ようと就職試験を受けたのですが、海外留学経験がないことがわたしにとって少し残念なことでした。しかし、その分、毎日サークルで英会話を話していたことを面接の時に伝え、英会話の面では問題ないと思ってもらえるようにしました。 

知名度の高いマンモスサークルでのリーダー経験

また、わたしの入っていたサークルは100人以上いるマンモスサークルだったのですが、それぞれの部門で役員がいました。わたしも3年生の時にディスカッションセクションのチーフとなり、メンバーを導いてきました。そのような機会に自分自身が人間として成長したこと、また人を導くということをサークルで学ぶことができました。もちろん面接でもそのことをアピールしました。

その結果、志望の企業から内定をいただくことができました。わたしの大学のこのサークルは市内ではとても有名なサークルだったので、企業にも知られていたのでしょう。とてもラッキーでした。

(こども英会話教室 講師 北九州市立大学外国語学部 ペンネーム「silk」さん)

 

編集部よりコメント( ❝̆ ·̫̮ ❝̆ )✧

いかがでしたでしょうか。
大好きでずっと長く続けていたことは就活でとても大きなアピールポイントになりますね。
また、留学経験が無くても、英語に関わる仕事に就けるというのは多くの人の励みになるのではないかと思います。
自分の英語力はしっかり仕事でも使えるんだ、ということを示す事ができれば、留学経験がないという理由で外資系企業や、英語を扱う仕事を諦める必要はないのですね。
 

( ´ω`+) おすすめ記事 (+´ω`)

サークルの経験を自己PRする際の自己分析方法

英会話サークルとトライアスロン、2つのサークル活動経験を自己PRに使った事例

面接は戦略的に…「どんな話が面白いか」を意識し、面接でウケるエピソードを吟味

「コミケ参加で内定取り消し」は大嘘!コミケ参加者が就活で内定獲得する方法と注意点に迫る

野球サークルマネージャー経験者の就活でのアピールとは

 

広告を非表示にする