女子のための就活ブログ♡就活SWOT-GIRL-

女性編集長と就活女子が、社会人目線★就活生目線で、就活生が気になるあんなことやこんなことを発信していきます♪

「楽しさ」「難しさ」「成長」がキーワード。接客業のアルバイト経験を就活の面接でPRする時のポイントとは?

こんにちは、ひらぽんです。

今回は飲食業で働く方に、アルバイト経験をどうPRしたかということについてお話を伺いましたのでご紹介します。

f:id:shukatsu_swot:20140704164420j:plain

楽しさ、難しさ、自分の成長にどう繋げるかを答えた

就職をしようとしていた会社は不動産会社。接客メインの仕事でした。
企業は今まで接客業をしたことがあるのか今までどんな仕事について何を学んだのか社会とはどんなものなのかを学生たちから聞いていました。

そこで私は今まで接客業しかしたことがなかったので、お客様との会話、お店の雰囲気、接客業をするうえで何を重視していたのかを自分なりに思い出し話をしていました。

正直企業が求めていそうな答えを出していただ部分もありましたが、接客業は接客の楽しさ、飲食業は食べ物などへの興味、建築なら建築の楽しさ、それぞれの業種にはそれぞれの楽しさ、難しさ、それゆえ自分の成長にどのようにしてつなげていくのかを企業へ話すとわかっていただけます。

アルバイトをしながら就職を意識するのは大事

実際私は人と話すのが得意なのですらすら言葉が出てくるため、面接官ともコミュニケーションもとれていたので、好感はいつも得られていました。アルバイトしながら就職を意識することはとても大事です。

実際にその会社へ入ったら自分には何ができるのだろうか今後自分はどう成長していって将来自分はどうなりたいのかを明確にしてするとすごく仕事にも集中できますし、面接のときも話しやすくなるのではないでしょうか。

面接する会社の社員に外で見られている事にも注意

ただし、面接する際に気を付けていただきたいのですが、面接に行く際最寄りの駅にはその面接する会社の先輩方が駅で一般の方を装って面接へ来られる方を見ています。

駅からの行動はどうだろうかいうところを見られますので、もちろん煙草のポイ捨て、ごみのポイ捨て、道に唾を吐いたりするなど言語道断!!

背筋を伸ばし、スタスタと会社へ真っ直ぐ進んでください。そして面接官へは節度を持って、ハキハキと話をしてください。
言葉が下手でも熱意を感じてもらえたらこっちのものですから!

 

編集部よりコメント( ❝̆ ·̫̮ ❝̆ )✧

アルバイトをしながら就職の事を考えるというのは就活において有効です。
自己分析が事前にできているということなので、とてもスムーズに就活を進める事ができるでしょう。

外で社員が就活生を見ているということは実際にあるようです。
面接の場以外でも気を引き締めて、ここで評価を落とすなんて事にならないようにしましょう。

広告を非表示にする